底辺大学生のブツブツ

底辺大学生でも生きています。高みの見物のつもりでご覧ください。

有川浩著「海の底」の感想、批評、書評

オススメ度:★★★☆☆

f:id:elephantkun:20170919124521j:image

 

久々のブログ更新となってしまいました。 しかし、この1ヶ月間何もお声が届かないと言う事は記事の更新を待っている人はいないという事かっ、、、、。いや、信じて待っててくれたという事にしておこう、、、。

 

さて、「塩の街」から続けて読んだ「海の底」。有川浩さん著の自衛隊3部作のうちの1つ。世に出た順番的には逆だそうですが、どっちから読んでも差し支えありませんでした。

 

今作は同じ世界の物語が同時に進められていくスタイルでした。

 

率直な感想を言うと、、、

うん、まあまあかな。 って感じです。

 

何を偉そうにと言われそうですが、なにより「塩の街」の衝撃がデカかったぶん「海の底」はあまり響くものがありませんでした。

 

何より最初の「きりしお」の中に逃げ込むシーンなんかは船艦の細かい部分の名称のオンパレードで正直フワッとしか理解出来ませんでした。バスケやった事無い人があひるの空観るみたいな感じ。試合中の細かい描写は初心者にはほぼ理解不能。みたいなね。

 

しかし、今作も「平時だったら微妙な立ち位置おじさん(今作では明石)がかっこよい」姿には思わず興奮してしまいました。

 

明石と言う男は、決して出過ぎた真似はしないものの、しっかりと先を見据えた行動で全体を事態の収束へ導いていくという役割は、余裕の無い若者や無駄に立場のある上層部には務まらないものでした。

 

しかし同時に活躍する若い2人組海兵(おそらくこっちの物語がメイン)も性格が真逆の2人が活躍の場を補い合っていて、負けてはいませんでした。何か問題が起こったときに あ、今はこういう性格のこいつに何とかして欲しいなと思ったらそっち側がしっかりとやってくれるし、読んでいてだんだんとフラストレーションが溜まってきたときに、然るべき側がガツンとやってくれます。痛快でした。

 

感想が「まあまあ」の理由は、「その後」のストーリーがいまいちだったからかなー。圭介と望の問題の時の流れに任せた感とか。少し不完全燃焼感が残る。

 

あとはラストの敵制圧時の呆気なさですかね。これはまあ前作もそうでしたが今作はこれも手伝ってこの評価となりました。まあ、ここに筆者のメッセージがあると言えばありますが。。

 

しかし、何はともあれ普段だったらあり得ない世界観を体験させてくれた事は確かです。もともとこの作者さんの作品を選んだのもそれがきっかけだったし。

 

これでしばし、有川浩さんの作品とはおさらば出来そうです!多分また戻ってくるけど!その時のためにラスト一作「空の中」は残しておこうと思います。

 

有川浩さん!!ありがとう!!!届いたら良いな!!いや、届いたらまずいか!!

 

 

 

fin

 

 

 

 

北朝鮮のミサイルによる塩の街的展開

本日8月26日、北朝鮮日本海側に向け短距離ミサイルを発射したそうですね。しかし3発とも無事失敗に終わりました。失敗したから多分またやるでしょうね。

 

ただ、ミサイル発射のニュースを聞いてもいまいち実感がなく、ボケーっとしてましたね。僕に限らずみんな。

 

ここで、平和ボケしている僕はこのミサイルによってなんとか良い方向に人生が傾かないかと考えました。特に恋愛重視で。よくない傾向ですね~。

 

この危機的シチュエーションからの出会いといえばこの作品ですよね。

 

有村浩著「塩の街

有川浩著「塩の街」感想【出会い編】 - 底辺大学生のブツブツ

 

↑ぜったいぜったい読んで。でないと始まらん。

 

 

さて、、、、まずミサイルが日本列島に直撃したとしよう。そしてうまく地下鉄に逃げ、生き延びたとしよう。

 

外に出てみると、道は死体で溢れている。体には斑点のようなものが出来ていた。どうやら北朝鮮が発射したミサイルには毒が仕込まれていたようだ。毒の進行が酷い人だと斑点に体が食い尽くされて灰のような、砂のようなものに変わってしまっていた。

 

どうやって感染するのかは分からない。空気感染かとも思ったが実際そとに出てもこの通りピンピンしてる。

 

 

 

家に帰ろう。

 

 

もう意味がわからない。パニックだ。帰ってDVDでも見よう。インデペンデンスデイ見よう。なんかいい感じだし。

 

 

家に帰ると両親は居なかった。まあ予想はしてたっちゃしてた。覚悟は出来ていた。

 

予定通りインデペンデンスデイを見ていると、ちょうど大統領の演説のところでインターホンが鳴った。

 

「ち、だれだこんなシーンの時に邪魔しやがって。」

 

そう呟きながら玄関に出てみると、そこにはひそかに思いを寄せていたA子ちゃんが泣きながら立っていた。

 

「どうしたの?こんなときに(大統領の演説)」

 

と聞くや否や、いきなりA子ちゃんが抱きついてきて、

 

「好きだよ。好きだったよずっと。」

 

と言われた。

 

あれ、おかしいな。A子ちゃんはバスケ部のキャプテンと付き合ってたハズ。勝ち目ないと思ってたのに。

 

「私ね、本当に好きなのは僕くんなのに、もし僕くんと付き合ったら周りの目とか、ほら僕くんイケメンじゃないし、ちょっと恥ずかしいからイケメンで成績優秀でみんなの憧れのバスケ部キャプテンと付き合ってたんだ。」

 

まあ、なにがともあれだ。今はそんな小さい事どうでも良い。

 

そっと肩に手を回し、互いに唇を重ね合わせる。と、手と舌にジャリっとする感覚、、、砂だ。

 

A子の体をよく見てみると、もう斑点だらけだった。

 

「これね、さっきニュースでやってたけど危機感を感じたりして心に余裕のなくなった人から発症してくんだって。」

 

焦って後頭部を掻くと、あれ、ジャリっとする。まあ当然だ。A子ちゃんとキスしてんだから、余裕はない。

 

「私はね、結構鈍感な方だから余裕あったんだけど、斑点だらけになっちゃった彼氏が最後にやろうとしてきて、あまりのグロさに心が乱れちゃって感染したってわけ。」

 

なんかちょっとギャグっぽい原因だなとも思いつつ、どうやら2人ともあと何分かの命のようだった事を悟る。

 

僕はA子ちゃんを担ぎ上げ、急いで家の裏山に登る。実は僕ん家金持ち。

 

裏山には僕のあらゆる思い出が眠っている。家のゴミ箱に捨てられないものは週一で全てここに燃やしにくる。何かって?、、、まあ察してくれ。

 

僕はそこにA子ちゃんを寝かすと、自分もそれに添って横になる。

 

2人とも号泣しながら抱き合い、愛を確かめ合う。

 

体が末端から土に還っていく2人はどこか神秘的にも見えた。

 

こんな状況にでもならなかったら結ばれる事など無かった2人は地となり、次の時代への礎となるのだ。

 

これが幸せと取るか不幸せと取るかは、あなた次第なのである。

 

 

 

 

 

おしまい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【Amazonプライム銀魂見れない】僕はまた1つ賢くなった

こんばんは。どういう事でしょうか。全くわかりませんけれどもね、やって行きましょう。破壊して行きましょう。はーい男でーす。

 

僕は何時ものように3時のおやつのお供に銀魂を見ようとAmazonプライムビデオのアプリを起動する。

 

便利なもんで、このアプリを起動してすぐホームに"次に見る"として登録されていて、銀魂の画面に検索無しで行けるようになっている。

 

文明の利器を感じながらいつものように銀魂を選択する。

、、、、ん?今何か違和感が。。

何かが足りなかった。圧倒的に何かが。

 

普通なら、Amazonプライム会員が無料で観れるビデオには、

f:id:elephantkun:20170817015409p:image

このように左上に「✔︎prime」のマークが付いている。そう、いつもなら。

 

しかし今日はどうもあのマークを見ていないな。

f:id:elephantkun:20170817020115p:image

ただこんな感じだったような。。。

 

 

 

、、、、予感は的中。 

見事に見れなかった。

 

原因はというと、、、無料ビデオにはなにやら「配信期間」なるものがあるそうで、それを過ぎてしまうと見れなくなってしまうという事でした。    まじか。

 

映画の予習のつもりでせっかく3年目まで見たのに、、、映画行く気無くしたーーーーーーああああああーーーーーーあぁ〜川の流れのよーにーーーーーー。

 

これからは配信期間に気を付けて見るようにしよう。

 

1つモノを覚えたと思えば安いもんだーい。

 

それではこの辺でシーユーネクストステージ。ヒカル頑張れ。

 

 

明日のバイトに行きたく無い時に聴く曲

明日のバイトいきたくない | 日高ロンドン出身 - YouTube

 

僕がこれを初めて聞いたのはテレビの番組で、もう5、6年は前の事。

 

何やら貧乏な方を紹介する番組だった。詳しい事はほとんど覚えていないが、1つだけ僕の記憶の中で強烈な光を放つのがこの曲。

 

「あーしたのばーいと、いーきたくない♪」

 

このメロディーがとにかく頭から離れない。それは5年経った今でも変わらず覚えていられるほど。

 

しかしこのアーティストと出会った場所が場所ならこんなに記憶に残っていなかったかもしれない。

 

彼の名は日高ロンドン出身。本当かどうかは分からない。でも、それも貧乏くさくて良し。

 

もし彼が金持ちだったなら、もしこの曲を初めて聞くのが紅白歌合戦だったなら、僕は5年間もこのメロディーを記憶し続ける事はなかっただろう。

 

「そんなに行きたくないんだったら行かなけりゃいいじゃんwww」

 

当時まだ中学生だった僕はこんな感想しか持つ事が出来なかった。しかしバイトをし始めた今、こんな事は到底許される事ではない事を理解出来るようになった。

 

すると、この曲に対する僕の感想は

 

「分かるわ〜」

 

に変わっていた。聞く年代によって感想が変わる曲。まさに名曲と言って良いだろう。

 

このどうしようもない現実に対し、ただただ「バイトに行きたくない」と訴え続けるメロディーは、悲しいだけのはずなのに、彼の顔面、声質、曲調などが相俟って逆に楽しい気持ちにさせてくれる。

 

バイトに行きたくない時に、バイト行きたくないと脳内で呟くと必ずこの曲が頭の中を駆け巡るんです。するといつの間にかテンションが上がっていて、バイトに行くのが楽しくなっていました!

みたいな体験談、募集しています。

 

明日のバイトいきたくない | 日高ロンドン出身 - YouTube

(一応もっかい貼っとくから聞いてない人は聞いてね絶対ね)

 

 

 

 

それではさようなら。

 

 

 

 

嫌韓満載なスポーツ報道、ヘドが出る

まずはこちらを見て欲しい。

大谷翔平 161kmのストレートに韓国実況も苦笑い - YouTube

見たか日本の大谷翔平様を!ざまあみろ韓国!!実況席お葬式ムード!ソウル市民悲しそうwww乙www

 

、、、いや、吐きそう。正直ここまで日本がレベル低いと思わなかった。

 

まあ僕自身、韓国に対してあまりいいイメージは持っていないが、ここまで露骨にやられてしまうと冷める。

 

韓国が今まで日本にやってきた事を考えろって??

 

そんなこともあってか(それ以外にもあると思うが)、日韓戦が熱くなるのは見てて興奮するし楽しい。勝ったってんならなおさら。

 

しかしあんな風な編集で報道するって陰湿だし、低レベル。

 

勝負でビシっと勝って、相手を讃えるくらいのクールさが日本にはあると思ってた。

 

日本が勝ったからって調子に乗ってこんな報道してたら、いつか日本が負けた時に韓国はやり返して来るよね。

 

それでまた次日本が勝った時やり返して、、、て繰り返すつもり???

 

ここで日本が大人の対応をしてれば、次韓国の番の時に彼らは変わるかもしれない。

 

相手選手だけでなく、実況者、さらには韓国までわざわざ出向きその残念がる表情を撮っていた事を考えると本当にヘドが出そう。

 

しかしまあ、需要があるからこんな番組が放送されるわけで。実際YouTubeでも70万回以上再生されている。

 

今韓国に圧倒的に勝利している姿を取り上げれば、視聴率は簡単に稼げるでしょうね。

 

日本国民と韓国国民、韓国国民のが目立った行動をしてしまうだけで、根はあまり変わらないって事だろう。(割合はどちらが多いかは分からないが、もちろん例外は双方にいると思う。)

 

 

 

 

 

 

 

必修科目のテストで開始5分前に起きた話

「よし、あとは暗記するだけ。それは明日電車の中でやればいい、もう寝よう。今から寝れば6時間は寝れる。」

 

明日の2限はいよいよ必修科目のテストだ。今まで受けたテストは軽いウォーミングアップに過ぎない。寝坊しないよう、目覚ましをきっかりセットしておく。

 

、、、いや、確かにこの時俺はセットしたんだよ??

しかし、朝に目覚ましが鳴ることは無かった。

 

起きたのはテスト開始5分前。頭が状況に追いつかない。ヤバいと言うのは分かるが心はいたって冷静だった。なぜか心臓がバクバクしてこない。とりあえず俺は寝ていたおじいちゃんを叩き起こし、車で大学まで送るように指示する。(土下座した。)

 

大学までは普通車だと40分くらいかかる。まあ、開始時間に間に合うはずは無いが、開始30分以内に到着すればなんとか受けさせてもらえる。しかし車に乗り込んだのはテスト開始と同時刻。あとはおじいちゃんの腕に任せるしかない。ちなみに言っておくと、おじいちゃんは自転車に乗ることが好きだ。

 

車中、母上にメールを送る。

「留年するかもしれません。よろしくお願いします。」

 

ママ、あの時言ってくれたよね。何があってもお前の味方だと。良かった、きっと許してくれる。

 

数秒後母から返信が来たが怖過ぎて見れなかった。

 

 

唐突だが、じいちゃんは高速道路の使い方を知らない。しかしカーナビは高速道路を使うルートしか示さない。じいちゃんはカーナビの使い方もよく分かってないのでルート変更が出来ない。俺に使い方聞いてくれれば良かったのに、、まずじいちゃんにはルート変更と言う概念すら無かったので僕に聞くとかそうゆうんじゃなかったらしいです。

 

結果じいちゃんの初めての高速道路利用を共にしました。幸いETCが付いていたのでゲートを通過するだけでいけました。楽勝だと言っていました。

 

そんなこんながありながら、なんとか大学に到着。時刻はテスト開始からすでに40分が経過していた。じいちゃんは通常と同じタイムで大学にゴールしたと言うことだ。「こら、じじい。普通じゃねーか。」と言いたいところだがそんな事ができる立場じゃない。

 

とりあえずじいちゃんにお礼を言って車から降り、歩いて教室まで向かう。走る気力も無かった。

 

と、

 

一緒に授業を受けている友人Rを発見。なんだ、自分と同じ状況の奴がいた。僕はRに駆け寄り話しかける。

 

「あれ、お前も遅刻?しゃーないやつだな、来年も一緒に授業受けようぜ」

 

「何言ってんだお前まだ始まってねーだろ。」

 

「え?何言ってんの?だってもう2限始まってから40分も経って、、、、、あ!!!!!!」

 

ようやく気付いた。そういえばテスト週間は開始時間が1時間ずれるんだった。

 

間に合ってるーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

時間に間に合った僕は急に安心し、ストレスから解放され、なんだかもう単位を取ったような気さえした。とりあえずコンビニいって朝飯を買った。

 

しかし。僕は気付いてしまった。電車の中ですると決めていた暗記作業をすっ飛ばしてしまっている事を。

 

気づくのが遅過ぎたようだ。テスト開始まであと5分弱。

 

遅刻したフリして、30分遅れて教室入ろう。

 

 

 

 

                                Episode 1結局遅刻。       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有川浩著「塩の街」感想 本編感想編

オススメ度:★★★★☆

Amazon CAPTCHA

 

有川浩さん、いい感じの世界観、ありがとう。

 

 

さて、まず前編は見て貰えてますでしょうか。この本に出会うまでの道筋。確認でございます。念のため↓

有川浩著「塩の街」感想【出会い編】 - 底辺大学生のブツブツ

 

そうです。僕は広瀬す...ゴホンッ いや、めんどくさくてめんどくさくて仕方がない現実の世界から逃げ出したくて、この本を選んだわけです。

 

結果は、、、

 

 

 

 

 

ハマりました。完全に。

 まるで世界観の包み焼きハンバーグや~~

 

 

 

まずは基本的な世界観とあらすじを書いていきます、、、。

 

 

この世界には「塩害」という、人が突然塩になってしまうという被害が発生しています。

 

その被害によってある男女は偶然出会い恋をし、その後世界を救うために戦うことになります。

 

また、ある男女はこの「塩害」によって自分らがいつ死ぬか分からない状況だからこそ、お互いの好きだという気持ちを伝えられました。

 

またまたある男女はこの被害によって気持ちに踏ん切りがつき、結婚を決める事になりました。

 

 

総じて言えるのは、この本は良い意味で"小学生の妄想を膨らませたもの"という事です。

 

少年なら誰もが夜寝る前に思い描いた事のある世紀末のような世界。全国の少年達はそこで、自分が超強い設定で悪者を退治したり、好きな子を助けたりします。

 

そこに筆者の哲学と言うか、考え方が人々の恋愛を通して描かれているのが、この本です。

 

 

災害、被害などは、人々に害しか与えないわけではない。

 

もちろん失うものは多い。しかし、それによって得るものもある。

 

それは新たな出会いであったり、被害が無ければ伝わることのない愛や、家庭など様々です。

 

いや、僕の中でこれは新しかった。

 

もしかしたら、得るものの為に害はあったのかもしれない。自分が過去受けた被害を思い返してみると、案外得たものの方が多い。

 

そんな前向きな考え方が出来れば、人生に損なんてなくなるかもしれませんね。

 

 

 

さて、ここで僕は幸運な事に、「甚大な被害を被って得るものがあった」人に出会う事が出来ました。

 

出会いはtwitterのDMでした。

 

その方を仮にA氏とします。

 

簡単に言うとA氏は詐欺に会い、夢と全財産を失ってしまいました。

 

これが被害。

 

その後のお話を聞くと、、

 

実はその後、「過去に同じ男に騙された事のある方」と知り合うことができまして、
現在その方と連絡を取り合って、どうすれば追い詰めてとっちめる事ができるかの作戦を立てています。なんと僕の後にも、僕同様に酷い被害にあった方もでてきているんです。被害が拡大しているのです。早くケリをつけて、家族みんなで一緒に暮らせるようになって、本当の意味で前を向いて進んでいけるようになりたいです!その時は大学生さんにもお会いしてみたいですね。

(A氏とのDMより)

 

 

僕はこの詐欺の内容を知っているのですが、涙が出そうなくらい酷いです。

 

しかし彼のDMは常に明るく、とても全財産を失った人間とは思えませんでした。

 

本当に、今はこの被害によって出会った人たちと共闘しいつか挫かれた夢を叶えようとしていて、なんなら楽しそうだという印象を受けました。

 

ケリがついたら僕に会いたいとも言ってくれました。明るいなぁ~。

 

 

被害に遭わなければ出会わなかった人たち。

 

そんな、偶然的ですがどこか運命的な気もするこの出会い。

 

羨ましいと言えばそれは他人事だからだと言われてしまいそうですが、

みんながみんなある事じゃない。

 

でも被害は甚大。普通は受けたくない。

 

もし彼がこのマイナスに集まってきたプラスを積み重ねて積み重ねて、元より大きいものにしてくれたら、人生に損なんてないことになりませんか?

 

僕はそれを見てみたい。

 

彼の今後を見守りたいと思います。。

 

 

 

人生に損なんてない!!!!!!!!!