吉田のブツブツ

高みの見物のつもりでご覧ください。

1ヶ月で英語リスニング偏差値60超える方法

受験生のみなさん。英語のリスニングなめてませんか?

 

あ、なめてないか。なめてる人これ見てねーか。もったいないね。その人。

 

さて。僕は国公立受験を失敗し今は底辺大学生なわけなんですけども、センターの英語リスニングの偏差値は60後半でした。他にも偏差値が60近かった教科はありますが、それらの教科と比べて圧倒的に少ない時間で結果を出すことが出来ましたね。1日20〜30分で。

この方法を使って、僕の受験の無念を晴らしてくれ!!

 

では説明していきます。

 

まず、準備するもの

・CD付きの長文問題集

 

これだけさ!

 

最初は、簡単な方がいいね。

全レベル問題集ですかね。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4010352329/ref=as_li_tf_il?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4010352329&linkCode=as2&tag=mtsp07-22

 

英語に特に苦手意識がない人はこのシリーズの②をおすすめします。

 

さあ、いよいよやり方です!

 

1、まず、長文を読んでから訳を見て意味を理解する。分からない単語も調べて理解する。

 

2、CDの音声だけを聞き、聞き取った文をノートに書く。途中分からなくてもいいので、とりあえず最後まで書ききる。終わったら、聞き取れなかった部分を直す。(一気にやると大変なので、段落毎にやると良い。)

 

3、2の行程を全段落終えたら、文を見ずにCDの音声を聞き、直後に自分も発音する。音声と一緒に言うくらいの気持ちで。いわゆる、シャドウイングです。

シャドウイングの効果については



 

 

1つの長文を2〜3日かけてやってく感じです。

 

以上が、僕があまり努力を感じずに成果をあげた方法です。僕が唯一成功談として話せるのが英語の勉強ですね。特にリスニング。ということで、今回はリスニングの勉強法を解説しました。受験生の皆さんには僕のような思いをして欲しくないので、失敗談もたくさん載せていきます。