ブツブツ呟くゾウ

高みの見物のつもりでご覧ください。

森見登美彦『熱帯』感想、批評、書評

読んだことを若干後悔するかもしれない。

f:id:elephantkun:20190212205811j:image

 

僕にとって森見登美彦の小説といえばあのクセの強い文章と個性豊かな登場人物たちである。

 

当然今作もそれを期待していたのだが、意外にも文章はキレイな文体で、登場人物たちも皆賢さが伺えるような言動をであり、いわゆる「森見っぽさは」皆無であった。

 

ただ、やたらと伏線を張りながら進む物語は健在であり、「四畳半王国見聞録」のように物語がマトリョーシカ的に構成されており、そこにはしっかりと森見感が感じられた。それでもうんざりせずに読めたのは彼が魅力のある人物を描く天才である証明かもしれない。他の作品に比べるとやや無個性ながらも、その存在感は僕の頭にしっかり焼き付いている。

 

さて、僕が何故この『熱帯』を読んで後悔しているかと言うと、どうやら僕はこの物語に取り憑かれてしまったらしいのである。

 

この小説を読んでいる間、僕の感情の浮き沈みはとても激しく、時にワクワクし、時に苛立ち、異常なまでにこの物語に夢中になったいた。

 

さらに言えば、正直言ってこの物語の結末は容易に納得できるものではなく、大きな謎が残る(いくらでも解釈のしようはあるが)。ただでさえ長いこの物語に結構な時間を費やし忘却と出会いを繰り返していた僕の頭には『熱帯』が住み着いて離れない。日常に熱帯が潜むようになるのである。

 

つまりは筆者の「創造の魔力」に呪われてしまったのだ。

 

このモヤモヤを解消するには「沈黙の読書会」にでも参加して謎を語り合うしかないのだろうか。

 

(否、そんなことしたら謎が謎を読んでしまう)

 

見渡す限り謎ばかり。